2016年2月16日火曜日

岡田准一インタビュー

昨日15日発売の『岳人』に、岡田准一さんのインタビュー記事を書きました。岡田さんは、3月に公開される映画『エヴェレスト 神々の山嶺』に主演しているので、それに合わせた企画というわけです。


もともと岡田さんは個人的にけっこう好きな俳優で、昔、『SP』というドラマを毎週見ていました(このドラマ、深夜枠だったんだけど、かなりクオリティ高い番組でした)。それから、岡田さんは趣味で登山やボルダリングをやるという噂が昔からあって、それは本当なのか? ということにも興味がありました。


しかし、インタビューの持ち時間はわずか30分。その間に写真撮影もしなくてはならず、話が聞けるのは実質20分というところ。それじゃあなにも聞けないよ……。その後、編集部が交渉してくれて、1時間になりました。ただし、アウトドア系3誌(岳人、山と溪谷、ランドネ)の合同インタビュー45分+個別インタビュー各誌5分というかたち。


30分よりはマシだけど、余裕はほとんどない。通常のインタビューでは軽く雑談から入って口を温めて、簡単な質問から徐々に深い質問に移っていくという流れをとるのだけど、今回は最初から全開でいくしかないな。ということで、質問項目とその流れを完璧に作り込んでインタビューに臨みました。


結果としては、限られた時間にしては深い話もできて、満足のいく取材になりました。登山やクライミングをやっているというのも本当のようでした。印象的だったのは、「これまでどんな山を登ってきたか」という質問に、岡田さんが「最近では西穂や瑞牆に登りました」と答えたところ。ここ、山にそれほど詳しくない人だったら「西穂高岳や瑞牆山に登りました」と答えるはずなんです。山やってる人ならではの略称がさらっと出てきたところに、本気度を感じましたね。


通常のインタビュー記事であれば、取材時に「西穂」「瑞牆」と略してしゃべったとしても、原稿にするときには「西穂高岳」「瑞牆山」と正式名にするところなのですが、今回はあえてそのままにしました。岡田さんの「やってる感」を『岳人』の読者には感じてほしかったからです。


のっけからそれだったので、これは山の話でいけると踏み、想定していた以上にエベレストや登山の話を掘り下げる方向で質問をしていきました。映画自体の普通の話はほかのところでも読めますしね。岡田さんも「こんなこと話していいのかな」と言いつつ、山での爆笑話をしてくれたりしたので、よかったんじゃないでしょうか(残念ながら原稿には入れられませんでしたが)。


まあ、でも、インタビューの時間制限はホントに厳しくて、終了時間が迫ってくると、岡田さんの後方に座っているスタッフが「あと10分」とか「あと3分」とかスケッチブックに書いたカンペを出してくるんですよ。それは岡田さんからは見えないんだけど、私たちにははっきり見えるわけです。あれはあせった。あんなの初めてでした。


というのも、岡田さんはこの日、私たち含めて10誌以上の取材を受けることになっていました。スタッフが持っていた時間表をちらっと見たのですが、朝から夜まで5分単位でスケジュールがぎっしりなんですよ。インタビューして撮影して、着替えてまた別のインタビューへ……。そしてそのたびに同じことを聞かれるはずなんです(「映画の見どころは?」とか「エベレストでの撮影はどうでしたか?」とか)。疲れてるはずなのにそんな素振りも見せずに答えてくれた岡田さんに感謝です。


今回はいわば「番宣」記事なので、上っ面の話に終始してしまう可能性もあるなと思っていたのですが、それは杞憂に終わりました。映画の裏話や山の話で盛り上がったのはもちろん、俳優としての演技の話が個人的に非常に面白く、その話だけもう1時間くらい聞きたいと思ったほど(掲載雑誌の趣旨からして深く突っ込むことができず残念)。結果的に4ページの文字数におさめるのに苦労したほどでした。いい話だったのに泣く泣く落とした話も3つありました。23日に発売で最後発になる『ランドネ』でそこが生かされていればいいのだけど。


で、やっぱり気になるので、『岳人』と同じく15日発売の『山と溪谷』を夕方に立ち読みしてきました。結果! 原稿の内容ほとんど同じ! うわ~、マジかよ~。こうなるとイヤだなと思って、原稿を作るときに3誌で調整しようかともチラッと思ったんですが、なんか談合めいていやらしいような気もして、結局ほとんどやらなかったのです。後悔。


でも、5分の単独取材時間(+撮影時の立ち話7分ほど)に核心となり得る質問を用意していたので、そこで聞いた話をできるだけ厚く原稿に盛り込みました。そこはヤマケイにもランドネにも載ってないぞ!




あ、あと、今月の岳人、このインタビュー記事のほかに、めずらしく学生時代の昔話を書いています。なんの話かというとUFOの話です。そちらもどうぞ。




6 件のコメント:

  1. おはようございます。
    色々な撮影のお話、ありがとうございます!!!
    ぜひノーカットで読みんでたいですが、とにかく3誌は購入したいと思います!またどこかで機会があれば、お披露目してくださいね!

    返信削除
    返信
    1. ノーカットバージョン出したいですね~。雑誌の原稿は、ノーカット版のたった6分の1! 充実したインタビューだったので、字数におさめるのに苦労したんですよ。岡田さんが楽しそうに話してくれているライブ感をできるだけ残すようにしたんですが、そうすると字数を食っちゃうので、ある程度整えたりもしてますからねー。1万字インタビューくらいにしたかったところです。

      削除
  2. 岳人と山渓両方拝読しました・・
    より踏み込んだ話しが記事にされていて
    良かったです~ありがとうございます・・
    泣く泣く落とした話が気になりますが・・・

    返信削除
    返信
    1. 泣く泣く落とした話、ひとつはすごいいい話です。記事のタイトルにできるくらいの決めゼリフを言ってくれてます。でもそこはランドネのライターさんが質問したところなので、ランドネに譲りました。誌面で使われているといいんですけど……。

      削除
  3. ステキな裏話をありがとうございました。
    岡田さんと山の魅力の深さを改めて感じました。
    記事になるとあっけなく読んでしまうことが多く、同じような質問ばっかりだな、私だったらこれを聞くのに!と素人ながらに思ってしまうこともありますが、裏話を読みいろいろと考えてくださっているという、当たり前のことを教えていただきました。岡田くんのおかげであり、森山さんのおかげです。ありがとうございます。
    岡田くんといえば格闘技がまずはじめにあげられますが、山に関してもすごかったんですね。

    返信削除
    返信
    1. くう~、原稿作成の苦労をわかっていただいて感激。でも岡田さん、ホントに素敵なひとでした。これお世辞じゃなくて(わたしお世辞は言いません)。とってもいいインタビューをさせてもらったので、この魅力を可能なかぎり生の状態で読者に伝えられるように原稿を作るのが僕の役目かなと思ってがんばったつもりです。

      削除